© 2019 by Kumano Lab

    Designed by Siqing Guan & Yuto Honoki 

keyword: 臨床行動分析、メタ認知、応用脳科学、マインドフルネス、行動医学

​研究内容

精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、
マインドフルネスやアクセプタンスを含む
「新世代の認知行動療法」によって、
短期間で大きな効果を上げることを目指した研究

◇認知行動療法やマインドフルネスが、医療(予防も含む)の現場で十分に活用されるようにする

◇研究室メンバーの一人ひとりが、目の前の現実を等身大に感じ取り、自分の頭で考える個の力を育てる​

◇三つの研究グループ

  1. 臨床行動分析:アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)の基礎と臨床研究

  2. メタ認知:メタ認知療法(MCT)の基礎と臨床研究

  3. 応用脳科学:心と脳の双方向性についてのアセスメントと介入法

Our Mission

  • Clinical Behavioural Analysis

  • Metacognition

  • Applied Neuroscience

研究室のミッション

◇アセスメント法

  1. 言葉が行動に対して持つ抑制効果・促進効果(言葉がバーチャルな現実を作りだすメカニズム)

  2. 注意機能やメタ認知的信念と、マインドフルネスとの関り

  3. 心と脳の双方向性(心が変われば、脳も変わる)

◇介入法

  1. 言葉の基礎研究に基づくアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)が効くメカニズム

  2. 自己調節実行機能モデルに基づくメタ認知療法(MCT)が効くメカニズム

  3. 前頭葉機能訓練と認知行動療法との相乗効果

About 

・Clinical   

 Psychological  

   Assessment

​・Psychotherapy

アセスメント&介入法

◇不安障害(パニック障害、社会不安障害など)、気分障害(大うつ病など)、摂食障害、メタボリック

 症候群、アスペルガー障害など、セルフコントロールや前頭葉機能の異常と関わると考えられる

 精神疾患・生活習慣病・発達障害などに伴う心理行動面の問題を、研究の対象にする。

 

◇ACTで伸ばすアクセプタンス、脱フュージョン、価値の明確化などの6つの行動クラスを、調査や実験に

 よって測定する方法を開発し、介入による変化を検討。

 

◇MCTで注目するディタッチト・マインドフルネスやメタ認知的信念が、不安障害や気分障害のメタ認知

 モデルの中で占める役割を明らかにし、介入による変化を検討。

 

◇NIRS、fMRI、脳波、視線追跡装置、注意ネットワークテストなどで、うつ病,不安障害や発達障害に

 関わる脳機能異常を明らかにし、前頭葉機能訓練による変化を検討。

Research Theme

 

  • Mental Disorders and Frontal Lobe Function

  • Acceptance and Commitment Therapy

  • Metacognitive Therapy

  • Functional Neuroimaging

具体的な研究テーマ

CLICK!!