© 2019 by Kumano Lab

    Designed by Siqing Guan & Yuto Honoki 

経歴

1985年 東京大学医学部卒。

1995年 東京大学博士(医学)取得。

東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、

2009年4月から早稲田大学人間科学学術院教授、同11月に新規設立された早稲田大学応用脳科学研究所所長に着任。

2016年9月より早稲田大学人間科学学術院副学術院長・人間総合研究センター所長を兼任。

日本認知・行動療法学会前理事長、日本不安障害学会副理事長、日本マインドフルネス学会副理事長、日本心身医学会評議員、他。

 

研究テーマ

精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究を行う。

経歴

早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程 修了 博士(人間科学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ、早稲田大学リサーチ・アシスタント、

綾瀬駅前診療所主任非常勤心理士/実習指導員、日本学術振興会特別研究員を経て、

2018年4月から早稲田大学人間科学学術院講師に着任。

 

研究テーマ

社交不安における自己注目と注意バイアスの統一的理解

​教育コーチ

教育コーチ  齋藤 順一

 

研究テーマ

糖尿病患者に対する​心理行動的アプローチ

​研究キーワード

臨床行動分析,Ecological  Momentary Assessment,心身症

博士課程 Doctor’s Program

D4 井上 和哉

 

所属

臨床行動分析グループ

研究テーマ

Implicit Relational Assessment Procedure (IRAP)による変容のアジェンダの測定方法の確立

​研究キーワード

Acceptance and Commitment Therapy,Implicit Relational Assessment Procedure,社交不安症

D3  髙橋 徹

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

うつと不安に対するマインドフルネスの作用機序の解明

​研究キーワード

マインドフルネス、マインドワンダリング、脳波

ホームページ

D2 仁田 雄介

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

慢性うつ病に対するスキーマ療法のプロセス研究

​研究キーワード

スキーマ療法、イメージ書き換え、プロセス研究

D1  北原 万莉

 

所属

臨床行動分析グループ

研究テーマ

2型糖尿病患者の衝動的食行動に関する研究

​研究キーワード

2型糖尿病、衝動性、食行動

修士課程 Master’s Program

M2  小口 真奈

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

注意欠如・多動症における二次障害発症要因に関する検討

​研究キーワード

ADHD,報酬機能系,先延ばし

M2  管 思清

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

マインドワンダリングにおける意図性が実行系機能に及ぼす影響

​研究キーワード

​マインドワンダリング,認知制御,実行系機能

M2 南出 歩美

 

所属

メタ認知グループ

 

研究テーマ

社交不安における注意の偏りとメタ認知的信念の関連性

​研究キーワード

社交不安, 注意の偏り, メタ認知的信念

M2  當房 知佳

 

所属

臨床行動分析グループ

 

研究テーマ

精援助要請行動の抑制要因の検討

​研究キーワード

援助要請、サービス・ギャップ、スティグマ

M1 内田 太朗

 

所属

臨床行動分析グループ

 

研究テーマ

Mindfulness-based interventionが、セルフコンパッション行動および慈悲への恐れに与える影響の検討

​研究キーワード

Self-compassion、

Fears of compassion、

臨床行動分析

M1  梅津 千佳

 

所属

メタ認知グループ

 

研究テーマ

試合後の反芻が次の試合のパフォーマンス低下に与える影響の検討

​研究キーワード

メタ認知療法、スポーツ臨床心理学、反芻

M1  榎本 ことみ

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

入眠後の深い睡眠と気分の因果関係の検討

​研究キーワード

睡眠、感情、病理

M1  武井 友紀

 

所属

メタ認知グループ

研究テーマ

ディタッチト・マインドフルネスに対するメタ認知的知識とその心理的要素を測定する尺度の作成

​研究キーワード

メタ認知療法、ディタッチト・マインドフルネス

M1 朴木 優斗

 

所属

応用脳科学グループ

研究テーマ

​分割的注意は古典的条件づけの消去学習を促進させるか?

​研究キーワード

分割的注意,古典的条件づけ,P300

WHO IS THE NEXT ONE 

?

学部生 Undergraduate 

B4 宇佐美 慧

研究テーマ

Big Fiveの各次元とメタ認知療法における適応・非適応的な認知プロセスの関連の検討

​研究キーワード

Big Five、パーソナリティ、メタ認知療法

B4 亀谷 知麻記

研究テーマ

他者評価懸念の様相による脅威刺激の回避

​研究キーワード

社交不安、他者評価懸念、メタ認知療法

B4 帯津 智也

研究テーマ

物質使用障害に対するAcceptance and Commitment Therapyを用いた介入のシステマティックレビュー

​研究キーワード

物質使用障害、ACT、システマティックレビュー

B4  村山 由佳

研究テーマ

反芻が拒絶過敏性に与える影響

​研究キーワード

拒絶過敏性、反芻、メタ認知療法

B4 二瓶 穂香

研究テーマ

調整的音楽療法(RMT)第1期で生じる効果についての検討

​研究キーワード

音楽療法、知覚練習、リラクゼーション

B3 片山 広大

​研究キーワード

B3  田口 潤一郎

​研究キーワード

B3  長谷川 サキ

​研究キーワード

B3  平山 千洋

​研究キーワード

B3 松田 尚実

​研究キーワード

B4 榎本 雅也

研究テーマ

Acceptance and Commitment Therapy が怒りに与える影響に関する文献研究

​研究キーワード

ACT、怒り、アンガーマネジメント

B4 宇田川 信之

研究テーマ

刺激機能の変換に対する文脈制御に関する文献研究

​研究キーワード

RFT 、刺激機能の変換、文脈制御

B4 和野 花奈

研究テーマ

​研究キーワード

B4 佐藤 誠之

研究テーマ

​研究キーワード

B4 黄 煜城

研究テーマ

​研究キーワード

B4-e 強瀬  元子

研究テーマ

就学前のASD児の母親のマインドレスネスと育児ストレスとの関連の検討

​研究キーワード

ASD、マインドレスネス、育児ストレス

B4-e 重冨 絵里

研究テーマ

​研究キーワード

B3 秋田 大地

​研究キーワード

B3 磯部 咲里

研究キーワード

B3 笠原 大玄

研究キーワード

B3-e 島田 和季

​研究キーワード

B3-e 若松 理恵子

​研究キーワード

抑うつ,体験の回避,不安

B3-e 熊谷 由利香

​研究キーワード

WHO IS THE NEXT ONE 

?

CLICK!!