経歴

1985年 東京大学医学部卒。

1995年 東京大学博士(医学)取得。

東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、

2009年4月から早稲田大学人間科学学術院教授、同11月に新規設立された早稲田大学応用脳科学研究所所長に着任。

2016年9月より早稲田大学人間科学学術院副学術院長・人間総合研究センター所長を兼任。

日本認知・行動療法学会前理事長、日本不安障害学会副理事長、日本マインドフルネス学会副理事長、日本心身医学会評議員、公認心理師国家試験委員会前委員、他。

 

研究テーマ

精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究を行う。

 

経歴

早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程 修了 博士(人間科学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ、早稲田大学リサーチ・アシスタント、

綾瀬駅前診療所主任非常勤心理士/実習指導員、日本学術振興会特別研究員を経て、

2018年4月から早稲田大学人間科学学術院講師に着任。

 

研究テーマ

社交不安における自己注目と注意バイアスの統一的理解

博士課程 Doctor’s Program

 
 

修士課程 Master’s Program

 

学部生 Undergraduate

© 2020 by Kumano Lab

    Designed by Siqing Guan & Yuto Honoki 

CLICK!!