Faculty of Human Sciences, Waseda Univ.

Research Area of Clinical Psychology

Behavioral Medicine /Hiroaki Kumano Laboratory

​早稲田大学人間科学学術院

臨床心理学研究領域

​行動医学・熊野宏昭研究室

 

News

​2年生向け

ゼミ説明会

2021年度

登録希望の方

(2020年度学生向け)

WAITING FOR YOU

 

研究業績  NEW

論文

・Takahashi, T., Kikai, T., Sugiyama, F., Kawashima, I., Kuroda, A., Usui, K., ... & Kumano, H. (2020). Changes in Mind-Wandering and Cognitive Fusion Through Mindfulness Group Therapy for Depression and Anxiety. Journal of Cognitive Psychotherapy, 34(2) 162-176.

・Takahashi, T., Kawashima, I., Nitta, Y., & Kumano, H. (2020). Dispositional mindfulness mediates the relationship between sensory-processing sensitivity and trait anxiety, well-being, and psychosomatic symptoms. Psychological reports, 123(4), 1083-1098.

・Takahashi, T., Sugiyama, F., Kikai, T., Kawashima, I., Guan, S., Oguchi, M., ... & Kumano, H. (2019). Changes in depression and anxiety through mindfulness group therapy in Japan: the role of mindfulness and self-compassion as possible mediators. BioPsychoSocial medicine, 13(4), 1-10.

・Nitta, Y., Takahashi, T., Haitani, T., Sugimori. E., & Kumano, H. (2020). Avoidance behavior prevents modification of fear memory during reconsolidation. Psychological Reports, 123(2), 224-238.

・仁田雄介, 髙橋徹, 熊野宏昭. (2019). 恐怖記憶に対するイメージ書き直しと記憶の再固定化の関係, 不安症研究, 11巻1号, pp. 2-12.

・仁田雄介, 榎本ことみ, 北原万莉, 齋藤順一, 熊野宏昭. (2020). 自閉スペクトラム症の20代男性に認知行動療法を実施し,就労と非致死性トラウマの処理に成功した事例―スキルトレーニングとイメージ書き直しによる支援―, 行動医学研究, 受理済印刷中

・内田太朗・髙橋徹・仁田雄介・熊野宏昭 (2020). 日常生活場面におけるセルフコンパッション行動の測定法の開発, 行動医学研究, 25 (1), 24-34

・池田寛人・梅田亜友美・藤島雄磨・松野航大・高橋恵理子・熊野宏昭 (2020). メタ認知療法の観点からみた抑うつと反すう,心配および実行機能の関連,行動医学研究,受理済印刷中

・武井 友紀・南出 歩美・富田 望・梅津 千佳・熊野 宏昭 (2019). ディタッチト・マインドフルネスの心理的要素を測定する尺度の作成および信頼性・妥当性の検討, 早稲田大学臨床心理学研究, 19, 45-52.

・梅津千佳, 甲斐圭太郎, 谷沢典子, 富田望, 南出歩美, 武井友紀, & 熊野宏昭. (2019). 試合後の反芻が次の試合のパフォーマンス低下に与える影響. 早稲田大学臨床心理学研究, 19(1), 53-58.

​学会発表

・Oguchi, M., Takahashi, T., Nitta, Y., & Kumano, H. (2020). The relationship between discounting rates and procrastination in university students with tendency to ADHD. Paper Presented at 54th Annual Convention of Association for Behavioral and Cognitive Therapies, USA. (Nov. 2020)

・武井 友紀・富田 望・南出 歩美・熊野 宏昭 (2020). 改訂版ディタッチト・マインドフルネスの心理的要素尺度の作成, および信頼性と妥当性の検討, 日本心理学会第84回大会発表論文集, 78

・武井 友紀・富田 望・南出 歩美・梅津 千佳・熊野 宏昭 (2020). 改訂版ディタッチト・マインドフルネスに対するメタ認知的知識尺度の作成および信頼性・妥当性の検討, 日本認知・行動療法学会第46回大会発表論文集, 161-162.

・池田寛人・富田望・藤島雄磨・熊野宏昭 (2020). 心配の抑うつ傾向者と反すう優位の抑うつ傾向者で注意制御不全の特徴は異なるか?―大学生の抑うつに焦点をあてた検討― 日本認知・行動療法学会 第46回大会,東京

・管思清・髙橋徹・小口真奈・仁田雄介・熊野宏昭(2020).意図的・非意図的マインドワンダリングは思考内容によって実行機能との関連が異なる,日本心理学会第84回大会発表論文集,469

・管思清・梅津千佳・荒木美乃里・佐々木彩・大塚明子 (2020).感情調節困難と抑うつ障害による休職を繰り返す入院患者に対して,マインドフルネス系認知行動療法と内観療法を併用した短期間の職場復帰支援,日本認知・行動療法学会第46回大会発表論文集,116-117

© 2020 by Kumano Lab

    Designed by Siqing Guan & Yuto Honoki 

CLICK!!