© 2019 by Kumano Lab

    Designed by Siqing Guan & Yuto Honoki 

学習の目標

指定科目の知識をベースにして、

新世代の認知行動療法の基礎や臨床場面での適用の実際に関する理解を深めること

カラフルなゼミ活動

  • 教科書・論文の発表・討論​

  • 心理統計学の習得

  • 病院見学・外来診療の陪席

  • ​夏合宿|研究グループの選び

専門ゼミ1

  • ​​英文誌の論文発表・討論

  • プレ卒の研究

  • 認知・行動療法学会の参加

  • 春合宿|卒論構想の発表

専門ゼミ2

  • 卒論ゼミ|研究計画の発表

  • 指導院生との相談​

  • 指導教員との個別面談​

  • 春合宿|卒論の中間発表

卒論ゼミ1

  • 卒論ゼミ|研究進捗の発表

  • データの収集・解析

  • 論文の執筆

  • ​行動系研究室の合同卒論発表

卒論ゼミ2

専門ゼミ|学部3年

  • 学習目標

 指定科目の知識をベースにして、新世代の認知行動療法の基礎や臨床場面での適用の実際に関する理解を深めることを目的とする。

  • 専門ゼミ01

  1. 『臨床行動分析のABC』『フリーソフト「R」ではじめる心理学統計入門』の内容について発表・討論

  2. 『こころと脳の科学』掲載論文と認知・行動療法学会抄録の抄読

ACTを含む認知行動療法の実践的知識、機能的なケースフォーミュレーションの進め方、調査・実験など実証的研究とデータ解析の基礎を学ぶ

  3. 精神科・心療内科の病院見学や外来診療の陪席を行なう

  4.   夏休み中の合宿|4年生や大学院生の研究計画や進捗状況の発表を聞き、先輩達から3つの研究グループの解説をしてもらった後

       に、各自が卒業論文で取り組む研究テーマについても考える機会を持つ

  • 専門ゼミ02

  1. 『行動療法研究』と認知行動療法関係の英文誌に掲載された論文の抄読

  2.   三つの研究グループを基にした小グループに分かれ、プレ卒で卒論の実施に必要な基礎的な知識や技能が身につくようにする

​プレ卒とは|アドバイザー役の大学院生や4先生とともに、模擬的な研究テーマを立てた上で、関連文献の購読、研究計画の立案、

                  データ収集、解析、結果の整理、考察、発表といった一連の作業に取り組み

 3. 認知・行動療法学会(秋合宿)に参加する

 4. 春休み中の合宿|各自が希望する卒業論文の研究テーマについて、構想発表を行う

卒業研究ゼミ|学部4年

◇卒業研究のテーマ

  1. プレ卒時の研究グループに即した実証的な(調査・実験・介入・メタ解析のいずれかの方法による)研究になるが、具体的なテーマは一人ひとりの関心と実現可能性を踏まえ、3年生の2月までに決める。

  2. アドバイザー役の大学院生(原則として学部生1名に担当院生1名を配置)と密に相談しながら、研究の準備、データ収集・解析、論文執筆を進めるが、4年生の4月からの卒研ゼミで適宜調整をする

 

◇スケジュール

  1. 三年次の夏合宿で方向性を考え始め、専門ゼミ02のプレ卒を進めながら興味のあるテーマを絞り込み、12月~2月に指導教員との個別面談を複数回行なった後、2月の春合宿で構想発表を行なう

  2. 4月からの卒研ゼミで月1回程度発表し、夏合宿で中間発表を行い、7月~11月で研究を実施した後、論文執筆に取り組み、12月末に指導教員に提出する(大学に提出は1月)

  3. 1月末に行動系3研究室(熊野研、嶋田研、鈴木研)の合同発表会で発表する

 

◇指導方針

  1. 基礎は徹底して教えるが、実際問題への展開は自分の頭をしっかり使って考えることを求める

  2. 自分ひとりで出来ることは少ないので、先輩から教えてもらうことや仲間との助け合いは何よりも大切だし、考え抜いた後での相談には時間や労力を惜しまずに応じる

年間スケジュール

◇春学期
 4月:歓迎会
 7月:納涼会
 8月 or 9月:ゼミ合宿

◇秋学期
 11月:卒業研究題目届け提出
 12月:卒業研究ゼミ内提出
 1月:卒業研究本提出、合同発表会
 2月:卒論・修論打上げ、ゼミ合宿、同窓会
 3月:卒業式・謝恩会

A Yearly Schedule

2018年度卒業研究テーマ

臨床行動分析グループ

メンタルヘルス・スティグマに関するアセスメント法の検討 當房 知佳

体験の回避が身体活動量に及ぼす影響の検討 谷古 雄亮

過敏性腸症候群に対するマインドフルネスの系統的レビュー 森 香音

マインドフルネスが児童・生徒の学習に与える影響 法邑秀次|e 生

メタ認知グループ

脅威への注意の促進における処理様式の実験的検討 南出 歩美

スピーチ場面における刺激入力と社交不安傾向の関連の検討 平 結衣

不登校当事者の回復過程における記述的検討 新川 瑶子

注意の向け方と社交不安傾向の関連の検討 佐々木 瞳|e 生

応用脳科学グループ

マインドワンダリングにおける意図性が機能性に及ぼす影響 管 思清

イメージによる記憶の再固定化プロセスの生起 阿賀 千夏

身体感覚への意識が身体保持感に与える影響の検討 嘉陽 みのり

高齢者のためのマインドフルネスの活用 浦島 直子|e 生

ゼミ採用テキスト

Presentation for
Graduate Study

◇「臨床行動分析のABC、日本評論社、 2009年」
 
 認知行動療法のケースフォーミュレーションを、機能分析に基づき一元的に進める力をつける。

◇「フリーソフト「R」ではじめる 心理学統計入門 (知識ゼロでもわかる統計学)、2013年」
  フリーソフトのRを用いて、データ解析と心理統計の基礎を学ぶ本。

◇「こころの科学・特別企画:こころと脳の科学、日本評論社、 2010年」
 こころと脳の関わりを、行動科学や社会科学までの広がりを踏まえてまとめた先進的な特集号。

Testbooks

CLICK!!